コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルフォール ベルフォール Belfort

3件 の用語解説(ベルフォールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルフォール
ベルフォール
Belfort

フランス東部,ボージュ,ジュラ両山脈間に位置するベルフォール特別区の中心都市。 13世紀頃モンベリアール伯の居城地として発展。その後オーストリア領,1648年ウェストファリア条約に基づきフランス領。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ベルフォール【Belfort】

フランス東部,スイスとの国境テリトアール・ド・ベルフォール県の県都。人口5万2000(1990)。かつての要塞(17世紀の城が残り,一部は歴史博物館となっている)で,パリとアルザスやスイスを結ぶ道路と鉄道の要地。行政・商業・工業の中心で,特に機械・電機工業が盛んである。赤色砂岩のサン・クリストフ教会(18世紀),市役所(18世紀)がある。1350‐1636年オーストリア領であったが,ウェストファリア条約(1648)でフランス領となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベルフォール
べるふぉーる
Belfort

フランス東部、テリトアール・ド・ベルフォール県の県都。パリの東南東423キロメートルに位置し、サブルーズ川が貫流する。人口5万0417(1999)。道路と鉄道の要衝で、行政、商業、工業(機械・電気)の中心地。軍事技術者ボーバン築城の要塞(ようさい)都市で、17世紀の城や城塞が残り、その一部は歴史博物館となっている。18世紀に赤色砂岩で建てられたサン・クリストフ教会や市庁舎もある。1350~1636年オーストリア領であったが、1648年フランス領となった。プロイセン・フランス戦争では抗戦し、フランス領として残った。[大嶽幸彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベルフォールの関連キーワードスイスフランシュコンテイボアールインストア849ボールペン スイスフラッグ三和ストアーフロスティ ボールペン スイスフラッグ三崎ストアーサン・ベルナール[峠]ペキネ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベルフォールの関連情報