コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルメール Bellmer, Hans

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルメール
Bellmer, Hans

[生]1902.3.13. カトウィツェ
[没]1975.2.24. パリ
ドイツ生れのフランスの画家。ベルリン高等工業学校で機械工学を学んだのち,G.グロッスに絵画を学ぶ。デザイナー,イラストレーターとして仕事を始めたが,1924年パリでシュルレアリストたちを知り影響を受けた。 33年人形を主軸とした作品を作りはじめる。やがてナチスを逃れてフランスに亡命,M.エルンストや Y.タンギーと親交をもつ。 43年以降線描による性的なイメージを強め,人形と線描のエロティシズムが特色。主要作品『人形』 (1937,ニューヨーク近代美術館) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベルメール
べるめーる
Hans Bellmer
(1902―1975)

ドイツの画家、彫刻家。シュレージエンのカトビーツェ生まれ。ベルリンの工芸学校に学び、技師になるための職業教育を受ける。初め商業デザインの仕事をしていたが、ナチズムの勃興(ぼっこう)に対する一つの抗議として1933年から関節の外れた奇妙な少女の人形をつくり始め、この人形によって彼にふさわしい活動分野が開かれることになった。36年ナチスを逃れてパリに移住し、38年シュルレアリスム運動に参加。解剖学を再創造するかのような精密な線描とエロティックなイメージによって展開する絵画世界は、その堂々たる劇的表現とともに比類のない特異さを示した。パリに没。[徳江庸行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ベルメールの関連キーワードシュルレアリスム3月13日四谷シモングロッス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベルメールの関連情報