コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルリン大聖堂 ベルリンダイセイドウ

世界の観光地名がわかる事典の解説

ベルリンだいせいどう【ベルリン大聖堂】

ドイツの首都ベルリン(Berlin)中心部のミッテ区にある、荘麗なドームがひときわ目を引く、ネオバロック様式のルーテル教会の大聖堂。ブランデンブルク門(Brandenburger Tor)からウンターデンリンデンを東に約1.5km行った、博物館群があるシュプレー川の中洲にある。ドームの天蓋までの高さは114mで、270段の階段がある。内部には荘厳で美しい装飾やステンドグラスがある。このドームは第二次世界大戦中に被害を受けたが、1993年に修復され、往時の姿を取り戻した。ここにはもともと教会があったが、ヴィルヘルム2世の命により、建築家ユリウス・カール・ラシュドルフがネオバロック様式の聖堂として設計し、1894年に建設が始まり、1905年に完成した。この聖堂は、プロイセン王家(ホーエンツォレルン王家)の記念教会で、同王家の納骨堂があり、フリードリヒ1世をはじめ、プロイセン王や王族の棺が安置されている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

ベルリン大聖堂の関連キーワードニコライ(Carl Otto Ehrenfried Nicolai)マルクス・エンゲルス広場ウンターデンリンデン通り

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android