ベルリン条約(読み)ベルリンじょうやく(英語表記)Treaty of Berlin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルリン条約
ベルリンじょうやく
Treaty of Berlin

1877年の露土戦争の結果,締結されたサンステファノ条約 (1878.3.) によるロシアのバルカン進出を恐れたイギリスオーストリアハンガリーの要求で,ドイツが仲介に入り,オスマン帝国とロシアの間で締結された条約 (78.7.) 。その結果,モンテネグロセルビアルーマニアの独立,ボスニア・ヘルツェゴビナのオーストリアへの併合,ブルガリアの自治などが決められ,ロシアの南下政策は阻止され,イギリスとドイツの東方進出への足場がつくられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android