コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルンハイム ベルンハイムBernheim, Ernst

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルンハイム
Bernheim, Ernst

[生]1850.2.19. ハンブルク
[没]1942.3.3. グライフスワルト
ドイツの歴史家。 1875年ゲッティンゲン大学教授,83~1921年グライフスワルト大学教授。主著『歴史研究法教本』 Lehrbuch der historischen Methode (1889) ,その要約として『歴史学入門』 Einführung in die Geschichtswissenschaft (1905) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ベルンハイム(Ernst Bernheim)

[1850~1942]ドイツの歴史学者。史学方法論に関する研究で有名。著「歴史学方法教本」「歴史学入門」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ベルンハイム【Ernst Bernheim】

1850~1942) ドイツの歴史学者。個々の事実を体系的・発展的にとらえる史学方法論を説いた。著「歴史とは何か」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベルンハイム
べるんはいむ
Ernst Bernheim
(1850―1942)

ドイツの歴史家。グライフスワルト大学教授(1883~1921)。中世史家であったが、史学研究法の著書『歴史学方法教本』(1889)および『歴史学入門』(1912)で有名。とくに後者は、わが国で『歴史とは何ぞや』の書名で翻訳され、史学研究法の入門書として広く読まれた。その論述は体系的で、個々の事実を全体に関連づけて発展的にとらえることをもって歴史学の課題としている。20世紀初頭のドイツ正統史学の方法論の典型を示すものといえよう。[木谷 勤]
『坂口昂・小野鉄二訳『歴史とは何ぞや』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

ベルンハイム

生年月日:1850年2月19日
ドイツの歴史家
1942年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

ベルンハイムの関連キーワード坂口 昂生年月日坂口昂

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android