コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルンハイム ベルンハイム Bernheim, Ernst

4件 の用語解説(ベルンハイムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルンハイム
ベルンハイム
Bernheim, Ernst

[生]1850.2.19. ハンブルク
[没]1942.3.3. グライフスワルト
ドイツの歴史家。 1875年ゲッティンゲン大学教授,83~1921年グライフスワルト大学教授。主著『歴史研究法教本』 Lehrbuch der historischen Methode (1889) ,その要約として『歴史学入門』 Einführung in die Geschichtswissenschaft (1905) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ベルンハイム(Ernst Bernheim)

[1850~1942]ドイツの歴史学者。史学方法論に関する研究で有名。著「歴史学方法教本」「歴史学入門」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ベルンハイム【Ernst Bernheim】

1850~1942) ドイツの歴史学者。個々の事実を体系的・発展的にとらえる史学方法論を説いた。著「歴史とは何か」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベルンハイム
べるんはいむ
Ernst Bernheim
(1850―1942)

ドイツの歴史家。グライフスワルト大学教授(1883~1921)。中世史家であったが、史学研究法の著書『歴史学方法教本』(1889)および『歴史学入門』(1912)で有名。とくに後者は、わが国で『歴史とは何ぞや』の書名で翻訳され、史学研究法の入門書として広く読まれた。その論述は体系的で、個々の事実を全体に関連づけて発展的にとらえることをもって歴史学の課題としている。20世紀初頭のドイツ正統史学の方法論の典型を示すものといえよう。[木谷 勤]
『坂口昂・小野鉄二訳『歴史とは何ぞや』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベルンハイムの関連キーワードハンブルマリエンブルク城レーベンブルク城エーデンブルクハンブルク交響楽団ハンブルク州立フィルハーモニー管弦楽団ハンブルク・フィルハーモニカーハンブルク・フィルハーモニー管弦楽団ハンブルク・バレエ団ローテンブルク岩

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone