コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

何か ナニカ

デジタル大辞泉の解説

なに‐か【何か】

[連語]
《代名詞「なに」+助詞「か」》
《「か」は副助詞》感覚・願望などの内容がはっきりしない事物をさす。「何かがありそうだ」「お茶か何か飲みたい」
《「か」は係助詞。感動詞的に用いる》
㋐相手の言葉・気持ちを確認しようとする意を表す。「それなら何か、君のほうが正しいというのだな」
㋑今まで述べてきたことや相手の言葉などを否定して、それとは反対の趣旨を述べるときに用いる。いやいや。とんでもない。
「―。この歌よみ侍らじとなむ思ひ侍るを」〈・九九〉
《副詞「なに」+助詞「か」》
《「か」は副助詞》はっきりした訳もなく、ある感情が起こるさま。どことなく。なんだか。「何か気味が悪い」
《「か」は係助詞》
㋐疑問の意を表す。なぜ…か。どうして…か。
「あしひきの山も近きをほととぎす月立つまでに―来鳴かぬ」〈・三九八三〉
㋑反語の意を表す。どうして…か、いやそんなことはない。
「命だに心にかなふものならば―別れの悲しからまし」〈古今離別

なん‐か【何か】

[連語]なにか」の音変化。「何か欲しいものはありませんか」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なにか【何か】

( 連語 )
内容が不定、あるいは未知であることや物を指す。 「 -いいことがありそうだ」 「穴の中に-がいる」 「心の中に-を期している様子だ」
(「…かなにか」「…やなにか」の形で)同類のものを指し示すのに用いられる。また、はっきりと言わずにぼかして言うときに用いられる。 「誰かが来て果物か-置いて行ったよ」 「うちの子は本や-はちっとも読もうとしない」
(副詞的に)何だか。どうしてか。なぜか。 「 -寂しい」
(軽く相手の意を確かめるようなときに発する)そういうことか。…であるのか。 「それなら-、僕が悪いというのか」
(疑問を表し、下に反対の内容を導いて)どうして…なのだろう。なぜ…なのか。 「かくしあらば-植ゑけむ/万葉集 1907」 「ほととぎす思はずありき木の暗くれのかくなるまでに-来鳴かぬ/万葉集 1487
(感動詞的に)上の語、または相手の言葉を軽く否定して、反対のことを述べる時に用いる。いやいや。なあに。 「 -それが売りたるを買ひて、かくしたるぞ/落窪 3

なんか【何か】

( 連語 )
〔「なにか」の転〕
なにか(何) 」に同じ。 「 -欲しい物を言ってごらん」 「 -あったら知らせてくれ」
なにか(何) 」に同じ。 「風呂敷か-あったら貸して下さい」
(副詞的に用いる)「なにか(何) 」に同じ。 「 -もう一つしっくりしない」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

何かの関連キーワードリバイバル[revival]something fourサイバーコンシューマシャバラスバーミン命長ければ恥多し第三階級とは何かサムシングフォーガラコンサート目立ちたがり屋がったり三両文明論之概略何かと言えば何かと言うと気がそがれるああだこうだ何ぞというとわたしは真悟シルブプレいい服の日しゃかりき

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

何かの関連情報