コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベーラ3世 ベーラさんせいBéla III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベーラ3世
ベーラさんせい
Béla III

[生]1150
[没]1196
アールパード朝ハンガリー王国の王 (在位 1173~96) 。ゲーザ2世の次男。ビザンチン帝国の首都コンスタンチノープルの宮廷で教育を受けたが,帰国後王位につくと,ローマ教皇の援助を請いカトリックを重んじた。フランスをはじめ西ヨーロッパ諸国と交流し,貴族の子弟をパリに留学させた。フランス王フィリップ2世の妹マルグリットと結婚。ダルマチアの奪回をはかって,1181~88,90~91年の2回にわたりベネチアと戦ったが,成功しなかった。しかし宮廷に多くの知識人を集め,修道士を招いて,農業技術を開発し,内政的には多くの業績を残した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ベーラ3世の関連キーワード平宗実藤原全子中世音楽飛鳥大仏鑁阿寺本堂鑁阿寺アンテーラミ定慶鑁阿寺源通親

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone