コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベールマン ベールマン Beermann, Wolfgang

1件 の用語解説(ベールマンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベールマン
ベールマン
Beermann, Wolfgang

[生]1921.4.6. ハノーバー
[没]2000.1.18. テュービンゲン
ドイツの発生学者,細胞学者。双翅類の幼虫の唾液腺を構成する細胞に含まれる巨大染色体には,パフと呼ばれる局所的肥大があり,ベールマンはこれに注目して発生との関連づけを試みた。すなわち,発生途中のユスリカ幼虫についてパフの位置を観察し,発生の段階に応じて染色体上でパフの現れる場所が移り変わることを発見し (1952) ,パフはそれが生じる位置の遺伝子が活動状態にあることを反映するものとみなして,上記の観察事実は発生の各段階にそれぞれ別の遺伝子が活性化される証拠であると考えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベールマンの関連キーワードハノーバーハノーバー朝スノーバードハノーバーシュミュンデンPCサーバーハノーヴァー・バンドローバー623SLiローバー620SLiハノーバー派トーリーハノーバー種 (Hanoverian)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベールマンの関連情報