コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペチコート ペチコート petticoat

翻訳|petticoat

3件 の用語解説(ペチコートの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ペチコート(petticoat)

女性がドレススカートの内側にはく、スカート状の下着。アンダースカート。ハーフスリップ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ペチコート【petticoat】

スカートの形を整えるために着けるスカート形の下着。ペティコート。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペチコート
ぺちこーと
petticoat

(1)スカートの裾(すそ)さばきをよくし、着こなしを美しくするための婦人用下着。スカートの丈よりやや短く、裾にフリルやレース飾りのついたものが多い。素材は木綿、絹、合繊などで、キャミソールやブラジャーなどと組み合わせて用いられる。[深井晃子]

歴史

もともと婦人服が15世紀末期に上・下体に分離した結果、その下体(スカート)に対してつけられた名称だったが、19世紀以後、下着用スカートをさす語となった。ペチコートには普通キャンブリックやフラノが用いられることが多かったが、時代によっては、硬く張りのある布や鯨骨入り、あるいはシルクサテンなど重い素材のものを何枚も重ねることで、スカートの膨らみを際だたせた。18世紀の鯨骨入りパニエ、19世紀中期の馬毛(クランcrin)入りの釣鐘状ペチコートなどがそれである。19世紀末期には、精巧なレースで装飾された美しいペチコートが着用された。20世紀になり、スカートが短く、狭くなるにつれて、シンプルなストレート型のペチコートが中心となったが、1947年ディオールのニュー・ルック、82年の流行のスタイルのように、フル・シルエットのペチコートが注目されるときもある。
(2)小さなコートとして15、6世紀のヨーロッパで、ダブレット(男子服上衣の一種)の下に着用した保温用の短い上衣をさす。また、ペチコート・ブリーチ(ラングラーブ)は、17世紀に男性が着用したスカート状のズボンのことである。[深井晃子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペチコートの関連キーワードオーバースカートラップスカートゴアスカートコラムスカートサロンスカートスワールスカートブッファンスカート巻スカート山スカートレスカ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ペチコートの関連情報