コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペトルス・ダミアニ Petrus Damiani

世界大百科事典 第2版の解説

ペトルス・ダミアニ【Petrus Damiani】

1007‐72
イタリアのベネディクト会修道士,教会改革者,聖人。ラベンナに生まれ,1035年フォンテ・アベラの修道院に入り,43年ころその院長となる。のちにしいられてオスティアの司教となった(1057)。叙任権闘争の始まりつつある時代にあって,ペトルス・ダミアニはアタナシオスの《アントニウス伝》に心を寄せ,修道士にとってたいせつなことは司牧活動よりはむしろみずからの霊的進歩であると主張した。聖職者が世俗の皇帝から叙任されることは〈聖職売買〉にほかならないとしてこれを弾劾し,そのような聖職者の授けるサクラメントの無効を主張したほか,修道院の規律を厳格にした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のペトルス・ダミアニの言及

【キリスト教文学】より

…ザンクト・ガレンは11世紀初めに寺伝の有能な編者エッケハルト4世Ekkehart IV(980ころ‐1060ころ)をもった。つづいて冷厳な雄弁僧ペトルス・ダミアニ(《歌の中の歌》その他の作者)や,カンタベリー大司教であったランフランクLanfranc(1005ころ‐89),アンセルムスの両権威,なかんずくパリ大学に多くの聴講者を集めたアベラールとその論敵で当時教界の重鎮であったクレルボーのベルナールらが次代を代表する。ことにアベラールとその愛人エロイーズの悲痛な恋愛の物語は人々にあまねく知られ,2人が交換した多くの書簡,とりわけ第1の《わが不幸の物語》は,中世宗教文学に異彩を放っている。…

【神学の侍女】より

…哲学が神学に従属している状態を指す語。しかしこの言葉が,スコラ学における両者の関係を示すものとして,非難あるいは軽べつの意をこめて用いられるようになったのは近代以後であり,この表現を最初に用いたとされるペトルス・ダミアニにおいては,哲学的学問の越権を戒めるために用いられている。トマス・アクイナスも,神学は哲学的学問をいわば下位のもの,侍女として用いる,と語っているが,哲学がその固有領域に関して自律的であることを否定してはいない。…

※「ペトルス・ダミアニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ペトルス・ダミアニの関連キーワードアレクサンデル2世ペトルス・ダミアニ神学の侍女神学の婢

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android