スコラ学(読み)スコラがく

百科事典マイペディア「スコラ学」の解説

スコラ学【スコラがく】

中世キリスト教世界に成立した学問総称で,英語ではscholasticism(〈学校における学問〉が原義)。哲学のみならず神学法学,自然学などを包摂するので,〈スコラ哲学〉との慣用は正確でないし,旧弊な中世観にもとづく〈煩瑣哲学〉などの蔑称も避けられるべきである。ボエティウスないしエリウゲナを先駆とし,アンセルムスアベラールらが前期スコラ学の,アルベルトゥス・マグヌストマス・アクイナスボナベントゥラらが盛期スコラ学の,オッカムらが後期スコラ学の代表者。16―17世紀にはカエタヌス,ビトリア,スアレスらによって,19世紀には〈新スコラ学〉(トミズム)の名の下に復興がなされ,現代に及んでいる。カトリック教義を古代学芸の遺産(主としてプラトン,アリストテレス)によって弁証しようとするもので,〈知解を求める信仰〉(アンセルムス)すなわち学知と啓示の統合・調和がそのスローガン。精緻な論理学・弁証論,独自の教授法(〈討論〉)と著述形式(〈大全(スンマ)〉)に特色があり,しばしばゴシック建築の威容にたとえられる。中世大学,托鉢修道会の興隆と並行し,イスラム世界を介しての古代文化受容の観点からも興味深い。
→関連項目アグリコラアリストテレスゴシック美術ドミニコ会普遍論争

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「スコラ学」の解説

スコラ‐がく【スコラ学】

中世ヨーロッパで、教会・修道院付属の学校や大学を中心として形成された神学哲学の総称。教会の権威を認め、教義の学問的根拠づけを目ざし、13世紀のトマス=アクィナスによって集大成された。スコラ哲学。→新スコラ学

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「スコラ学」の解説

スコラがく【スコラ学 Scholasticism】

神学,哲学,法学を含めて,中世ヨーロッパで成立した学問形態の総称。文字どおり〈スコラschola=学校の学問〉を意味するが,この言葉が初めて用いられたのは16世紀の人文主義者の間においてであり,初から頑迷,瑣末など軽べつの意味をもっていた。しかし,この言葉が指示している当の中世的学問の営みは,古代学術の継承・移植という大事業であり,その成果が近代以後の西洋学問の基盤であることはいうまでもない。狭い意味でのスコラ学は,カトリック教会の教義を信仰をもって受けいれたうえで,それを主としてプラトンおよびアリストテレス哲学の助けをかりて理解しようとする学問的努力を指す。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大学事典「スコラ学」の解説

スコラ学
スコラがく

スコラはラテン語で学校の意味であるが,スコラ学はとくに中世の大学で行われた諸学問に共通する方法を示すものである。学問の主題領域の体系的な区分,個々の主題をめぐる相異なる諸見解の対置,合理的な論証による問題の解決,論駁や再解釈による対立意見の解消などが特徴である。その起源は,大学成立以前にあるが,大学における教授方法として広く用いられることで確立した。神学特有の方法ではないが,当時の大学の最高の学問とされた神学においてとくに優れた思索を生み出した。最盛期の13世紀~14世紀前半にはトマス・アクィナス,ボナヴェントゥラ,ドゥンス・スコトゥス,オッカムなど大学出身の神学者が活躍した。トマスの『神学大全』はスコラ学の最高傑作とされる。近世以降には中世の学問を「硬直化した空理空論」として批判する蔑称としても使われたが,実際には大学の学問伝統の出発点をなすものである。
著者: 加藤和哉

出典 平凡社「大学事典」大学事典について 情報

世界大百科事典内のスコラ学の言及

【ゴシック】より

…しかし,この伝統を受けつぎながらも,芸術様式を思想・精神様式との関連のもとに考察したのは,パノフスキーである。彼はゴシック教会堂のプランと建築構造が,ゴシック時代のスコラ学の哲学体系に一致することを論証した。このパノフスキーの手法を継承しつつ,ゴシック精神の具体的内容を祖述する作業が必要となろう。…

※「スコラ学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android