コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペトルーシュカ Pétrouchka

デジタル大辞泉プラスの解説

ペトルーシュカ

ロシア出身の舞踊家・振付家ミハイル・フォーキンによるバレエ(1911)。原題《Pétrouchka》。命を吹き込まれた人形の恋と悲劇を描いたもの。初演はバレエ・リュス。作曲・台本イーゴリ・ストラヴィンスキーニジンスキーソリストを務めた。

ペトルーシュカ

ロシア生まれの作曲家イーゴリ・ストラヴィンスキーのバレエ音楽(1911)。原題《Pétrouchka》。『火の鳥』、『春の祭典』とともにストラヴィンスキーの三大バレエ音楽の一つとして知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ペトルーシュカ【Petrouchka】

ストラビンスキーのバレエ音楽。四場。1911年パリでディアギレフのロシア-バレエ団により初演。演奏会用組曲としても知られる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペトルーシュカ
ぺとるーしゅか
Ptrouchkaフランス語

ストラビンスキー作曲のバレエ音楽。副題に「ストラビンスキーとA・ブノワの台本による四つの情景からなるバーレスク風バレエ」とある。振付けM・フォーキン。1911年6月パリのシャトレー劇場初演。前年同じくパリで初演された『火の鳥』に次ぐ、ディアギレフロシア・バレエ団委嘱の第二作。主演ニジンスキー。1830年代、ニコライ1世治下のペテルブルグの謝肉祭のにぎわいのなかで、人形芝居小屋の操り人形たちの恋の悲劇が演じられる。道化役ペトルーシュカは、恋するバレリーナに振られ、恋敵のムーア人と戦って殺されるという物語。ロシア民謡を取り入れた音楽は奇数拍子とポリリズムの使用に特色があり、管弦楽組曲(1946)もある。[船山 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ペトルーシュカの関連キーワードストラヴィンスキー:ペトルーシュカ/piano soloイーゴリ ストラヴィーンスキイウラジーミル ワシーリエフデービッド ビントリーピエール モントゥーレナート ツァネラM. フォーキンシャルル ジュドチェケッティペトルーシカカルサビナ小牧 正英モントゥー現代音楽首藤康之小牧正英ベヌア多調性ドン船山

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ペトルーシュカの関連情報