コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペトロドボレツ Petrodvorets

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペトロドボレツ
Petrodvorets

ロシア北西部,レニングラード州の都市。1944年までペテルゴフ Petergofサンクトペテルブルグの西郊,フィンランド湾南岸に位置する港湾都市。18世紀初頭にピョートル1世のために建設されたピョートル宮殿 (通称,夏の宮殿) を中心として発展。美しい庭園と大噴水で知られる宮殿は第2次世界大戦で破壊されたが,戦後再建され,サンクトペテルブルグ市民の憩いの場所となっている。時計製造や宝石加工でも知られる。市名は「ピョートルの宮殿」の意。人口 7万7542 (2002) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペトロドボレツ
ぺとろどぼれつ
Петродворец Petrodvorets

ロシア連邦北西部、レニングラード州、フィンランド湾に臨む観光都市。人口8万2000(1996)。サンクト・ペテルブルグの西郊にあり、1721年ピョートル大帝の夏の宮殿として建設された。その後、18~19世紀に、荒れた沼沢地に宮殿、庭園、噴水群が増設された。なかでも多数の噴水が著名で、大宮殿前面の「サムソン」と階段斜面の噴水群が知られているが、ほかに「ピラミッド」「アダム」など全部で16の噴水がある。第二次世界大戦で被害を受けたが、戦後復旧された。サンクト・ペテルブルグから遊覧船、バス、鉄道で行くことができる。時計工業と軽工業が行われる。市名は「ピョートルの宮殿」を意味する。1944年までペテルゴフПетергоф/Petergofといった。[中村泰三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android