ペランの実験(読み)ペランのじっけん(英語表記)Perrin's experiment

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペランの実験
ペランのじっけん
Perrin's experiment

J.ペランが 1908年,樹脂の1種である乳香のコロイド溶液を用いて,コロイド粒子沈降平衡とブラウン運動を観察し,これら粒子の運動が A.アインシュタインによって導かれた拡散の法則に従うことを認めた実験。この結果からアボガドロ数の実測値を得ることに成功し,また気体分子が空間を自由に運動していると仮定する気体分子運動論を実証することができた。このことは間接的に初めて分子の実在を実験的に証明しえたことを意味し,それまでの分子の実在に対する疑義に終止符を打った点において歴史的に重要な意義がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android