コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沈降平衡 ちんこうへいこうsedimentation equilibrium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沈降平衡
ちんこうへいこう
sedimentation equilibrium

核酸,蛋白質などの高分子溶液を超遠心力場に置くと粒子の沈降が起り,液内にその濃度差を生じる。低分子でも比重の大きな塩,たとえばセシウム塩などの濃厚溶液であると,同様の現象がみられる。長時間遠心力場に静置すると,無方向性の拡散速度と遠心力による沈降速度との均衡が保たれ,沈降平衡が成立する。沈降速度あるいは沈降平衡の条件から高分子の分子量を求めることができる。沈降速度は溶媒との比重差に関係するから,溶媒にあらかじめ密度差をつくっておくか,遠心力場で密度勾配ができるような条件を設定しておけば,高分子は特定の密度に対応して層状に相互分離できる。生体高分子,特に核酸成分の分離に応用される密度勾配超遠心法はこの原理による。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

沈降平衡

 高分子溶液を遠心力場におくと溶質は遠心力の方向に移動するが,逆に溶媒によって押し上げられる力が働く.この二つの力が釣り合うと溶質は移動しない.この状態.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

沈降平衡の関連キーワードゼット平均分子量ペランの実験フィトクロムスベドベリータンパク質ペラン