コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペルシュロン 〈フランス〉percheron

大辞林 第三版の解説

ペルシュロン【percheron】

ウマの一品種。輓馬ばんばとして用いられ、性質は従順。フランスのペルシュ地方原産。北海道の農馬を改良するために用いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペルシュロン
ぺるしゅろん
Percheron

哺乳(ほにゅう)綱奇蹄(きてい)目ウマ科の動物。同科の一種ウマの一品種で、フランスのペルシュ地方原産。輓馬(ばんば)としては世界中にもっとも普及した。大形と小形があり、体高はそれぞれ1.8メートル、1.6メートル程度である。小形のものは戦後日本に輸入され、馬産に貢献した。[加納康彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ペルシュロンの関連キーワード神 八三郎ブルトン種輓曳競馬オルヌ県

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ペルシュロンの関連情報