種馬(読み)シュバ

  • たねうま

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 種つけ用の牡馬。たねうま。
※道(1910)〈石川啄木〉「其処には村の誇りにしてある高価な村有種馬(シュバ)が飼はれてあった」 〔周礼‐夏官・校人〕
〘名〙
① 馬の品種改良や繁殖のために飼う馬。ふつう牡馬をさしていう。
※俳諧・卯辰集(1691)上「種馬の駒待あはすあられ哉〈楚常〉」
② 精子の持主としての男をいう俗語。また特に、婿(むこ)などについていう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

種馬の関連情報