コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペンタス Pentas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペンタス
Pentas

アカネ科ペンタス属の総称。熱帯アフリカとマダガスカルに 30~50種が分布する草本または低木。葉は卵形または披針形で有毛,対生する。花は茎頂に散房花序を形成。花冠は長さ 1.5~2cmの細長い花筒をもち,星のように5裂する。最もよく栽培されるクササンタンカ P.lanceolataは,半低木状になる多年草。自生地では高さ 130cmに達するが,一般には 30cm前後のものが栽培され,鉢花として流通する。花色は赤色,紫桃色,桃色,白色のほか,白い覆輪 (ふくりん) の入る品種もある。水はけと日当りのよい環境で育てる。5℃以上で越冬する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ペンタス【Pentas】

アカネ科の常緑低木。熱帯地方原産。春と秋に、筒状で先が五裂した星状花をつける。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペンタス
ぺんたす
[学]Pentas

アカネ科の半耐寒性多年草または小低木。熱帯アフリカ、マダガスカル島に50種分布する。よく知られるクササンタンカ(草山丹花P. lanceolata Deflersは熱帯アフリカ、アラビア原産。草丈30~60センチメートルで、葉は披針(ひしん)形から卵形で対生し、全体に短毛が生える。花は、主として秋と春に、長さ2~3センチメートルの筒状で先が5裂した星状花を、散房花序につけ、赤、桃、白、覆輪などがある。
 越冬温度は5~6℃。多湿を嫌うので日当りと排水のよい所に植える。鉢植えで矮化(わいか)剤を散布し、矮性に仕立てるのもよい。繁殖は挿芽によるが、実生(みしょう)もできる。[植村猶行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ペンタスの関連キーワード近代五種競技五種競技

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ペンタスの関連情報