ホイスマンス(英語表記)Huysmans, Jacob

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホイスマンス
Huysmans, Jacob

[生]1636. アントウェルペン
[没]1696. ロンドン
17世紀に活躍したフランドルの画家。アントウェルペンの画家組合に登録されている。チャールズ2世治下末期のロンドンで肖像画家として知られ,同地で死亡。主要作品は『ブラガンサのキャサリン女王像』。

ホイスマンス
Huysmans, Cornelius

[生]1648. アントウェルペン
[没]1727.6.1. メヘレン
17世紀に活躍したフランドルの画家。アントウェルペンの画家組合に登録されている。 J.B.ホイスマンスの兄。 N.プーサンのローマ風とルーベンス派の影響を受けた2人の師につき,イタリアとフランドルの風景を背景に両者の画風を混合した作風を特徴とした。最初メヘレンで制作したが,1706~17年はアントウェルペンで活躍。その後メヘレンに戻り死亡。

ホイスマンス
Huysmans, Jan Baptist

[生]1654. アントウェルペン
[没]1716.7.14. アントウェルペン
17世紀に活躍したフランドルの画家。アントウェルペンの画家組合に登録されている。 C.ホイスマンスの弟。アントウェルペンで風景画を描いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android