コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホイスマンス Huysmans, Jacob

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホイスマンス
Huysmans, Jacob

[生]1636. アントウェルペン
[没]1696. ロンドン
17世紀に活躍したフランドルの画家。アントウェルペンの画家組合に登録されている。チャールズ2世治下末期のロンドンで肖像画家として知られ,同地で死亡。主要作品は『ブラガンサのキャサリン女王像』。

ホイスマンス
Huysmans, Cornelius

[生]1648. アントウェルペン
[没]1727.6.1. メヘレン
17世紀に活躍したフランドルの画家。アントウェルペンの画家組合に登録されている。 J.B.ホイスマンスの兄。 N.プーサンのローマ風とルーベンス派の影響を受けた2人の師につき,イタリアとフランドルの風景を背景に両者の画風を混合した作風を特徴とした。最初メヘレンで制作したが,1706~17年はアントウェルペンで活躍。その後メヘレンに戻り死亡。

ホイスマンス
Huysmans, Jan Baptist

[生]1654. アントウェルペン
[没]1716.7.14. アントウェルペン
17世紀に活躍したフランドルの画家。アントウェルペンの画家組合に登録されている。 C.ホイスマンスの弟。アントウェルペンで風景画を描いた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ホイスマンスの関連キーワードディエゴ=デ=サンタ=カタリナヤンセン一柳直盛ビベロ・イ・ベラスコ九戸城称念寺荒木宗太郎池田宗旦英勝寺

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android