ホウカンチョウ(鳳冠鳥)(読み)ホウカンチョウ

世界大百科事典 第2版の解説

ホウカンチョウ【ホウカンチョウ(鳳冠鳥)】

キジ目ホウカンチョウ科Cracidaeに含まれる44種の総称狭義にはホウカンチョウ属に含まれる12種のホウカンチョウ類を指す場合と,かつてホウカンチョウと呼ばれていたオオホウカンチョウを指す場合とがある。ホウカンチョウ科の鳥は,すべてメキシコから南アメリカにかけて分布しており,おもに森林中に生息している。キジ目の他のグループが地上生であるのとは異なり,樹上生のものが多い。体長は50~110cm,体型はキジ,ニワトリに似ており,脚と趾(あしゆび)は長くて強い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android