コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホウカンチョウ(鳳冠鳥) ホウカンチョウ

1件 の用語解説(ホウカンチョウ(鳳冠鳥)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ホウカンチョウ【ホウカンチョウ(鳳冠鳥)】

キジ目ホウカンチョウCracidaeに含まれる44種の鳥の総称。狭義にはホウカンチョウ属に含まれる12種のホウカンチョウ類を指す場合と,かつてホウカンチョウと呼ばれていたオオホウカンチョウを指す場合とがある。ホウカンチョウ科の鳥は,すべてメキシコから南アメリカにかけて分布しており,おもに森林中に生息している。キジ目の他のグループが地上生であるのとは異なり,樹上生のものが多い。体長は50~110cm,体型はキジ,ニワトリに似ており,脚と趾(あしゆび)は長くて強い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホウカンチョウ(鳳冠鳥)の関連キーワード干潮金帳汗国速度変調管官長官牒七面鳥司法官庁地方官庁ほろほろ鳥天頂環

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone