コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホウカンチョウ(鳳冠鳥) ホウカンチョウ

1件 の用語解説(ホウカンチョウ(鳳冠鳥)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ホウカンチョウ【ホウカンチョウ(鳳冠鳥)】

キジ目ホウカンチョウCracidaeに含まれる44種の鳥の総称。狭義にはホウカンチョウ属に含まれる12種のホウカンチョウ類を指す場合と,かつてホウカンチョウと呼ばれていたオオホウカンチョウを指す場合とがある。ホウカンチョウ科の鳥は,すべてメキシコから南アメリカにかけて分布しており,おもに森林中に生息している。キジ目の他のグループが地上生であるのとは異なり,樹上生のものが多い。体長は50~110cm,体型はキジ,ニワトリに似ており,脚と趾(あしゆび)は長くて強い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ホウカンチョウ(鳳冠鳥)の関連キーワードキジ目

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone