ホエールズ湾(読み)ホエールズわん(英語表記)Bay of Whales

  • Whales Bay

デジタル大辞泉の解説

Whales Bay》南極、ロス棚氷の北東縁にある湾。南緯78度30分、西経164度20分に位置し、氷に囲まれる。南極大陸への上陸に適し、ロアール=アムンゼン、白瀬矗(のぶ)、リチャード=バードの隊が利用している。名称は、1908年に英国のアーネスト=シャクルトンが同海域で多数のを目にしたことにちなむ。鯨湾。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南極、ロス棚氷(たなごおり)の氷縁にある南への湾入部。南緯78度30分、西経164度20分に位置する。鯨湾ともいう。1908年1月イギリスのシャクルトン隊が多数の鯨を見たことから命名した。11年にアムンゼンが極点到達のため基地を設け、12年1月に白瀬隊が上陸南進、アメリカのバード隊は29年と34年にリトル・アメリカ基地設置のため上陸した。湾の形は年によって変化している。[楠 宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホエールズ湾の関連情報