コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホエールズ湾 ホエールズわんBay of Whales

デジタル大辞泉の解説

ホエールズ‐わん【ホエールズ湾】

Whales Bay》南極、ロス棚氷の北東縁にある湾。南緯78度30分、西経164度20分に位置し、氷に囲まれる。南極大陸への上陸に適し、ロアール=アムンゼン、白瀬矗(のぶ)、リチャード=バードの隊が利用している。名称は、1908年に英国のアーネスト=シャクルトンが同海域で多数の鯨を目にしたことにちなむ。鯨湾。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホエールズ湾
ほえーるずわん
Whales Bay

南極、ロス棚氷(たなごおり)の氷縁にある南への湾入部。南緯78度30分、西経164度20分に位置する。鯨湾ともいう。1908年1月イギリスのシャクルトン隊が多数の鯨を見たことから命名した。11年にアムンゼンが極点到達のため基地を設け、12年1月に白瀬隊が上陸南進、アメリカのバード隊は29年と34年にリトル・アメリカ基地設置のため上陸した。湾の形は年によって変化している。[楠 宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android