コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホエールズ湾 ホエールズわんBay of Whales

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホエールズ湾
ホエールズわん
Bay of Whales

南極大陸沿岸,ロス海の湾入鯨湾ともいう。ロス棚氷東部に位置し,1908年イギリス探検隊の E.シャクルトンが命名。アムンゼン白瀬矗,R.バードらの上陸地として知られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ホエールズ‐わん【ホエールズ湾】

Whales Bay》南極、ロス棚氷の北東縁にある湾。南緯78度30分、西経164度20分に位置し、氷に囲まれる。南極大陸への上陸に適し、ロアール=アムンゼン、白瀬矗(のぶ)、リチャード=バードの隊が利用している。名称は、1908年に英国のアーネスト=シャクルトンが同海域で多数の鯨を目にしたことにちなむ。鯨湾。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホエールズ湾
ほえーるずわん
Whales Bay

南極、ロス棚氷(たなごおり)の氷縁にある南への湾入部。南緯78度30分、西経164度20分に位置する。鯨湾ともいう。1908年1月イギリスのシャクルトン隊が多数の鯨を見たことから命名した。11年にアムンゼンが極点到達のため基地を設け、12年1月に白瀬隊が上陸南進、アメリカのバード隊は29年と34年にリトル・アメリカ基地設置のため上陸した。湾の形は年によって変化している。[楠 宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ホエールズ湾の関連キーワードバード(Richard Evelyn Byrd)大和雪原開南湾

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android