コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホザキナナカマド Sorbaria sorbifolia (L.) A.Braun var.stellipila Maxim.

2件 の用語解説(ホザキナナカマドの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ホザキナナカマド【Sorbaria sorbifolia (L.) A.Braun var.stellipila Maxim.】

山地に生え,葉はナナカマドに似るが,シモツケ属に縁の近いバラ科の落葉低木。和名は,穂咲きナナカマドの意。高さ2m前後になる。葉は互生し,羽状複葉。小葉は6~10対,披針形で,長さ4~10cm,縁に鋸歯がある。花は7~8月に咲き,花序は大型で,5枚の円形の花弁をもつ直径7~8mmの花を多数つける。おしべは多数で,花弁より長い。果実は袋果で密毛があり,ナナカマドと異なり裂開する。北海道には普通にみられ,本州中北部にも生える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホザキナナカマド
ほざきななかまど
[学]Sorbaria sorbifolia (L.) A. Br. var. stellipila Maxim.

バラ科の落葉低木。高さ約2メートル。葉は互生し、羽状複葉。小葉は13~23枚、披針(ひしん)形で縁(へり)に二重の鋸歯(きょし)がある。7~8月、新枝の先に円錐(えんすい)状花序をつくり、白色で径約6ミリの5弁花を開く。萼筒(がくとう)は杯状。雄しべは多数、花弁よりはるかに長い。雌しべは5本。果実は袋果(たいか)。中部地方以北の本州、北海道、および朝鮮半島、中国に分布する。名は、全体がナナカマドに似ており、穂状に花がつくことによる。[鳴橋直弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホザキナナカマドの関連キーワード瓜膚楓草牡丹米栂山梨百合山葵高嶺七竈七竈南京七竈山地黄ななかまど

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone