コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホザキナナカマド Sorbaria sorbifolia (L.) A.Braun var.stellipila Maxim.

世界大百科事典 第2版の解説

ホザキナナカマド【Sorbaria sorbifolia (L.) A.Braun var.stellipila Maxim.】

山地に生え,葉はナナカマドに似るが,シモツケ属に縁の近いバラ科の落葉低木。和名は,穂咲きナナカマドの意。高さ2m前後になる。葉は互生し,羽状複葉。小葉は6~10対,披針形で,長さ4~10cm,縁に鋸歯がある。花は7~8月に咲き,花序は大型で,5枚の円形の花弁をもつ直径7~8mmの花を多数つける。おしべは多数で,花弁より長い。果実は袋果で密毛があり,ナナカマドと異なり裂開する。北海道には普通にみられ,本州中北部にも生える。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホザキナナカマド
ほざきななかまど
[学]Sorbaria sorbifolia (L.) A. Br. var. stellipila Maxim.

バラ科の落葉低木。高さ約2メートル。葉は互生し、羽状複葉。小葉は13~23枚、披針(ひしん)形で縁(へり)に二重の鋸歯(きょし)がある。7~8月、新枝の先に円錐(えんすい)状花序をつくり、白色で径約6ミリの5弁花を開く。萼筒(がくとう)は杯状。雄しべは多数、花弁よりはるかに長い。雌しべは5本。果実は袋果(たいか)。中部地方以北の本州、北海道、および朝鮮半島、中国に分布する。名は、全体がナナカマドに似ており、穂状に花がつくことによる。[鳴橋直弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android