コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホスファチジルエタノールアミン ホスファチジルエタノールアミン phosphatidyl ethanolamine

3件 の用語解説(ホスファチジルエタノールアミンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホスファチジルエタノールアミン
ホスファチジルエタノールアミン
phosphatidyl ethanolamine

セファリン,ケファリンとも呼ばれる。最初,脳から単離されたので,ギリシア語の脳を意味するケファレーにちなんでセファリン,ケファリンという名がついた。動植物界に広く分布するリン脂質である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

ホスファチジルエタノールアミン


 セファリンともいった.リン脂質の一つ.脳,卵黄など動物の各種の組織,ラッカセイダイズなどの食品に存在.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ホスファチジルエタノールアミン【phosphatidylethanolamine】

生物界に広く分布し、レシチン(ホスファチジルコリン)に次いで多いリン脂質。生体膜の主要成分の一。特にグラム陰性菌の主要リン脂質。ケファリン。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のホスファチジルエタノールアミンの言及

【リン脂質(燐脂質)】より

…ふつうのグリセロリン脂質ではリン酸にさらに多種のアルコール(コリン,セリン,エタノールアミン,グリセロール,イノシトールなど)がエステル結合している。高等動植物に最も多いグリセロリン脂質は,ホスファチジルコリン(PC)とホスファチジルエタノールアミン(PE)であり,つづいてホスファチジルセリン(PS),ホスファチジルイノシトール(PI),ジホスファチジルグリセロール(カルジオリピン)などがある。これらはいずれも生体膜の構成成分である。…

※「ホスファチジルエタノールアミン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホスファチジルエタノールアミンの関連キーワード菌類植物5界説植物界生物界動物界物界プロティスタ界正リン酸プロトゾア

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone