コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホスファチド phosphatide

翻訳|phosphatide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホスファチド
phosphatide

リン脂質 phospholipidともいう。複合脂質の分類区分の一つであって,リン酸の含有が指標となるが,次の2つに大別される。 (1) グリセロリン脂質 リン酸のほかにグリセリンと脂肪酸と有機塩基 (コリン,エタノールアミン) あるいはアミノ酸 (セリン) とが組合わさってできる。 (2) スフィンゴリン脂質 グリセリンを含まず,代りに炭素と水素から成る長鎖の特徴ある有機塩であるスフィンゴシンを主体とし,これに脂肪酸とリン酸とコリンなどが結合する。ホスファチドは生体膜の構成成分などとして重要であり,ことにグリセロリン脂質は,膜構造の共通の基礎物質の一つとして広く存在し,またスフィンゴリン脂質は有髄神経の髄鞘 (ミエリン) などに特に含量が高い。一方グリセロリン脂質は,脂質代謝の中間代謝形態,また血液中での輸送形態などとしても重要である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のホスファチドの言及

【リン脂質(燐脂質)】より

…複合脂質の一つで,リン酸エステルおよびホスホン酸エステルをもつ脂質の総称。ホスファチドphosphatideともいう。アルコールとして,グリセロールをもつグリセロリン脂質glycerophospholipid(またはphosphoglyceride)と,スフィンゴシンをもつスフィンゴリン脂質sphingophospholipidに大別される。…

※「ホスファチド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ホスファチドの関連キーワードリン脂質(燐脂質)リン(燐)脂質燐脂質

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android