コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホタルカズラ

百科事典マイペディアの解説

ホタルカズラ

日本全土,東アジア日当りのよい山地の草原にはえるムラサキ科多年草。全体に剛毛がある。前年枝はつる状にのびて地をはい,ところどころからが出る。新枝は根のから直立し高さ20cm内外,葉は長楕円形で互生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ホタルカズラ【Lithospermum zollingeri DC.】

日当りのよい草地にはえるムラサキ科ムラサキ属の多年草(イラスト)。花は美しいるり色で,同属のムラサキに比べてずっと大輪である。しばしば観賞用に栽培される。和名はるり色の花をホタルの光にたとえたもの。ホタルソウともいう。花茎は高さ15~25cm。披針形の葉を互生し,4~5月,上部につく葉の腋(えき)に花をつける。花冠は径約1.5cmで先端は5裂し,るり色の各裂片の中央には縦に白色の隆起がある。萼筒は5深裂し,裂片の先はとがる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホタルカズラ
ほたるかずら / 蛍葛
[学]Buglossoides zollingeri (DC.) Johnston

ムラサキ科の多年草。茎は高さ15~25センチメートル、全体に粗い剛毛があり、花期後に基部から横走する枝を出し、先端に新芽をつける。葉は互生し、長楕円(ちょうだえん)形または狭長楕円形で柄はなく、堅い毛があってざらつく。4~5月、茎の先の葉腋(ようえき)に青紫色の5弁花を上向きまたは横向きに開く。丘陵から山地の林内や林縁に生え、北海道から沖縄、および朝鮮半島、中国、アムールに分布する。名は、花が点々と咲くようすを蛍の光に例えたもの。[高橋秀男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ホタルカズラの関連キーワード瑠璃草蛍唐草蛍草

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android