コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホットジュピター ホットジュピター hot Jupiter

2件 の用語解説(ホットジュピターの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ホット‐ジュピター(hot Jupiter)

太陽系以外の系外惑星で、中心の恒星に近い軌道(1天文単位程度)をとる木星のような巨大惑星。発見が困難な系外惑星の中でも、比較的その存在が確認されやすいため、初期に見つかった系外惑星の多くを占める。熱い木星熱い木星型惑星灼熱巨大惑星

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホットジュピター
ほっとじゅぴたー
hot Jupiter

太陽系外惑星のうち、中心恒星からの軌道半径が0.1天文単位以下で、公転周期が数日と短く、かつ木星程度の質量の巨大ガス惑星。中心星からの距離が非常に近いため、表面は数百度に加熱されていると考えられ、生命の存在はあまり期待できないとされている。1995年のペガスス座51番星で最初にみつかった系外惑星も、木星の半分ほどの質量のホットジュピターで、軌道半径は0.05天文単位、4.2日で公転していた。この発見以来、ドップラーシフト法により、続々とホットジュピターが系外惑星として発見された。
 現在の太陽系を再現すべく研究された当時の惑星形成論においては、中心星に近い軌道に岩石系惑星(地球型惑星)、少し離れて巨大ガス惑星(木星型惑星)、もっと離れて巨大氷惑星(天王星型惑星)が形成されると考えられていた。ホットジュピターやほぼ同時期にみつかったエキセントリックプラネット(離心率が大きい惑星)の発見は新たな惑星形成論の契機になった。その後、ホットジュピターやエキセントリックプラネットを説明できるように、惑星系が形成されるときにできる円盤と惑星との相互作用による惑星落下モデルなどが研究されている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホットジュピターの関連キーワード外惑星遭遇説太陽系外惑星太陽系外惑星探査巨大地球型惑星系外惑星重力散乱原始太陽系円盤惑星系周連星惑星

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホットジュピターの関連情報