コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホレズ修道院 ホレズシュウドウイン

3件 の用語解説(ホレズ修道院の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ホレズ‐しゅうどういん〔‐シウダウヰン〕【ホレズ修道院】

Mănăstirea Horezu》ルーマニア中南部、オルテニア地方の町ホレズにあるルーマニア正教会の修道院。17世紀末、領主だったワラキア公コンスタンティン=ブルンコベアヌにより創設。公の名を冠するブルンコベネスク様式と呼ばれるルーマニア独自の建築様式で知られ、ギリシャ十字型の主聖堂に四つの聖堂を配する。1993年に世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ホレズ修道院【ホレズしゅうどういん】

ルーマニアのオルテニア地方ヴルチャ県にある修道院ワラキア公国の当時の領主コンスタンティン・ブランコヴェアヌにより1691年から建設開始(1697年完成)。美しい白い石造りで,ルーマニア中世の独特な様式は,自らも居住として使用したことからブランコヴェネスク様式と呼ばれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界遺産詳解の解説

ホレズしゅうどういん【ホレズ修道院】

1993年に登録されたルーマニアの世界遺産(文化遺産)で、ヴルチェア県にあるルーマニア正教会の修道院。1690年に、ワラキア公国の君主ブルンコヴェアヌ公によって創建された。ブルンコヴェアヌ公も自らの住居として使用した。主聖堂のカトリコンを中央にして、5つの聖堂が東西南北ギリシア十字をかたどって配置され、創建者の名にちなんで「ブルンコヴェアヌ様式」と呼ばれている。美しい白い石造りの各聖堂には、ルーマニアの伝統とバロック様式が融合した独創的なデザインが施されている。この様式は、質素でありながら気品があり、優美さを感じさせるところが特徴である。5つの聖堂は、今もほぼ当時のままの姿をとどめている。このような歴史的文化が評価され、世界遺産に登録された。◇英名はMonastery of Horezu

出典|講談社
世界遺産詳解について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone