コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボウズガレイ ボウズガレイ Psettodes erumei

2件 の用語解説(ボウズガレイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボウズガレイ
ボウズガレイ
Psettodes erumei

カレイ目ボウズガレイ科の海水魚。全長 50cm内外。体は卵形で上眼は頭の背縁にある。眼が体の右側にある個体と左側にある個体とがほぼ同数。口はきわめて大きく斜位。有眼側の体色は褐色で,ときに幅広い暗色横帯をそなえる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボウズガレイ
ぼうずがれい / 坊主鰈
Indian halibut
[学]Psettodes erumei

硬骨魚綱カレイ目ボウズガレイ科に属する海水魚。南シナ海からインド洋東アフリカ沿岸や紅海にまで分布する。体は卵形で厚い。目の位置は個体によって異なり、体の左側または右側にある。口は著しく大きく、目の後方まで裂ける。両顎(りょうがく)の歯は大きな犬歯(けんし)で、多くは先端に返しがある。背びれはほかのカレイ・ヒラメ類と異なり、頭の後部から始まり、前方の数本が棘条(きょくじょう)である。腹びれは一般的な魚類と同様に1棘5軟条からなる。尾びれの後縁はその中央部が突出する。体色は暗褐色で、無眼側ではいくぶん淡い。
 沿岸近くから水深100メートルの砂泥底に生息し、底引網で漁獲される。全長70センチメートルぐらいになる。エビ網で混獲される。肉質はよい。背びれの構造とその始部の位置、目の位置、腹びれの構造、骨格の特徴などに、カレイ・ヒラメ類の祖先形を現在も残している。そのため、この類の進化の手掛りを得るための貴重な研究材料である。[尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボウズガレイの関連キーワードマガレイカレイアサバガレイ石鰈鮫鰈星鰈虫鰈婆鰈オオグチガレイ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone