コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボエボツキー Voevodsky, Vladimir

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボエボツキー
Voevodsky, Vladimir

[生]1966.6.4. モスクワ
ロシアの数学者。1983年から 1989年までモスクワ大学に学び,1992年にアメリカ合衆国のハーバード大学で博士号を取得。1993~96年ハーバード大学, 1996~98年ノースウェスタン大学で教鞭をとり,1998年にプリンストン高等研究所 IASの教授に就任。2002年に中国の北京で開催された国際数学者会議で,代数幾何学に関する業績が認められてフィールズ賞を受賞した。1966年にフィールズ賞を受賞したアレクサンドル・グロタンディークは,スキームの理論による抽象的な代数幾何学を構築し,モチーフと呼ばれる新しい数学的な構造を提案したが,これは代数的位相幾何学(→トポロジー)において培われてきた技術を代数幾何学に応用することを可能にするものであった。ボエボツキーはこうした流れを発展させて,スキームのホモトピー論において顕著な成果を上げ,代数幾何学と代数的位相幾何学の双方において重要な問題を解決した。その一つはミルナー予想の解決である。ボエボツキーによる代数多様体に対する新しいコホモロジー理論の発展は,過去数十年にわたる代数幾何学の発展のなかでも最も著しい成果の一つである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ボエボツキーの関連キーワード新藤兼人加藤泰丹下健三野村芳太郎森一生宇宙開発史(年表)ビートルズキリスト教民主同盟東松照明ボータ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android