コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボッパルト Boppard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボッパルト
Boppard

ドイツ西部,ラインラントファルツ州の小都市。ライン川が美しい峡谷をなすビンゲンコブレンツのほぼ中間,左岸の段丘上にある。ケルト人の居住地にローマ人が城塞を築いた。遺跡は市街の中核を囲むようにして残存。 1312年以降トリール選帝侯領。ライン川が大きく蛇行する河岸斜面は一面のブドウ畑で,「ボッパルダーハム」の名で知られるワインの産地。 19世紀後半から観光・保養地として発展。河岸のプロムナード沿いにホテル,保養施設が並んでいる。ライン川航行の観光船の寄港地。外国人のためのドイツ語学校ゲーテ・インスティトゥートがある。人口約1万。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ボッパルト(Boppard)

ドイツ西部、ラインラント‐プファルツ州の都市。ライン川沿いに位置し、ワイン生産が盛ん。古代ローマ時代の要塞跡、13世紀のトリーア選帝侯城砦、14世紀のカルメル会修道士教会など、歴史的建造物が数多く残っている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ボッパルトの関連キーワードシーボルトトーネット

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android