コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボドーパヤー(孟隕) ボドーパヤーBodawpaya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボドーパヤー(孟隕)
ボドーパヤー
Bodawpaya

[生]1745
[没]1819
ビルマ,コンバウン朝第5代の王 (在位 1782~1819) 。第1代アラウンパヤー王の3男で,反抗する一族を殺して即位し,1783年アマラプーラへ遷都。 84年アラカン国に進撃,これを征服してビルマの一州とした。また4回にわたりシャム遠征を企て,ビルマ史上最大の版図をつくり上げた。 90年中国と朝貢貿易を開いた。一方,アラカンからマンダレーに大仏像を移し,大パゴダを造営して王威を輝かしたが,たび重なる遠征と寺院建立は国民の負担を増し,イギリス領チッタゴンへ亡命するアラカン人がふえ,イギリスとの第1次ビルマ戦争 (24~26) を招いた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ボドーパヤー(孟隕)の関連キーワードスコット(Sir Walter Scott)橋本宗吉クルムスティツィング片山北海聖パトリック大聖堂ファン・スイーテンボネオーストリア継承戦争スウィフト(Jonathan Swift)

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android