コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝貢貿易 ちょうこうぼうえき

4件 の用語解説(朝貢貿易の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朝貢貿易
ちょうこうぼうえき

中国の前近代的な貿易関係をいう。中国には古来,中華思想華夷思想があり,夷狄 (いてき) に対する貿易は,中国が与える恩恵であると考えられた。これは国内の封建的な君臣関係を諸外国に適用するもので,中国は宗主国,諸外国は藩属国とみなされ,諸外国の君長が中国皇帝の徳を慕い,貢物をもってやってくる (朝貢) と,皇帝は恩恵として回賜を与え国王に任命する (冊封) 。これによって皇帝はみずからの徳を示し,また国王は中国との関係を確保し,国内において正統性を獲得できた。中国の朝貢国と認められると,定められた時期・ルート・儀礼を守って朝貢することになる。このような外交関係を貿易面にまで拡大したのは明朝で,さらに清朝にも受継がれ,政経不分離の原則を打出し,諸外国の政治的不信に対しては朝貢貿易の回数,貢船,人数などに制限を加える厳重な貿易統制となった。しかし一方,この秩序が両者の平和的関係を保障するため,一種の安全保障措置となっていた。これは基本的には中国と諸外国との一対一の関係の集積だったが,各国は朝貢使節の往来を通じて,中国に集ってきた他の国の物産・情報も入手することができた。中国を上位とする不平等な階層的構造ではあったものの,朝貢国が皇帝の徳を慕うというのはあくまでも中国側の一方的なあとづけにすぎず,一定の手続が守られているかぎり中国はその内実を問うことはなく内政に干渉することもなかったので,諸外国は基本的に自主性を保てた。これを中国を中心に成立していた階層的な世界秩序ととらえ,朝貢体制あるいは冊封体制ということもある。しかしこうした階層的秩序や恩恵としての貿易は,主権平等に基づく近代西欧の国際関係や自由貿易の原則と対立し,19世紀,アヘン戦争により打ち破られた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

朝貢貿易【ちょうこうぼうえき】

中国の前近代的外交(朝貢)に伴って生じた貿易形式。中国は古来,中華思想によって諸外国を藩属国視してきたが,その具体的な外交関係は,中国皇帝への貢物献上に対する賞賜品給付という,一種の貿易関係を含む政治的儀礼によっていた。
→関連項目尚巴志日本国王

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうこうぼうえき【朝貢貿易 cháo gòng mào yì】

中国の前近代外交(朝貢)に伴って生じた貿易形式。文明が孤立的に発展し,北方の牧民を除けば強敵を近隣に長くもたなかった中国では,ヨーロッパ流の主権が国民にある国家相互間の対等で自由な国際外交・互恵貿易の観念に乏しかった。その外交理念は徳を体現する天子を中心点として,中国の徳(文化)が官僚→国内→藩属国→外界へと波及して周辺を文明開化するという文化主義をとり,徳の外面的表現である儀礼を地位に応じて守ることが求められた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうこうぼうえき【朝貢貿易】

中国が中華思想に基づいて他国と行なってきた貿易形態。明代に確立。他国は明に対し朝貢の形をとり、年度・数量・人数・経路・入国地点・取引商人・貿易品目・日数などを厳重に規定された。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の朝貢貿易の言及

【東アジア】より

…しかし,実際には,朝貢使節が各国の特産品を中国皇帝に献上する見返りとして,各国はそれをはるかに上回る価値の中国の文物を授けられるという側面もあった。朝貢貿易と呼ばれるこの外国貿易に周辺諸国の支配者は実利を見いだしたのである。また,服属の意識の程度も国と時代によって相当異なっていた。…

※「朝貢貿易」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

朝貢貿易の関連情報