コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボヤナ教会 ボヤナキョウカイ

デジタル大辞泉の解説

ボヤナ‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【ボヤナ教会】

Boyanska tsarkvaБоянска църква》ブルガリアの首都ソフィアの南西約8キロメートル、ビトシャ山麓にあるブルガリア正教会の教会。11世紀頃の創建とされ、以降、13世紀と19世紀に増築された三つの聖堂からなる。中央部の聖パンテレイモン聖堂に残るフレスコ画は東ヨーロッパにおける中世キリスト教美術の傑作として知られ、1979年に世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ボヤナ教会【ボヤナきょうかい】

ブルガリアの首都ソフィアの南,ビトシャ山麓の村ボヤナにある小さな教会。10−11世紀,13世紀,19世紀にそれぞれ建てられた3つの建物からなる。1259年創建の中央の教会堂は,壁面から天井にまで描かれた90点近いフレスコ画で知られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界遺産詳解の解説

ボヤナきょうかい【ボヤナ教会】

1979年に登録されたブルガリアの世界遺産(文化遺産)で、首都ソフィア近郊に位置する。ブルガリア正教会の教会堂で、11世紀、13世紀、19世紀に建造された3つの聖堂からなる。1259年に建造され、中央に位置する聖パンティレイモン聖堂は、フレスコ画の壁画で覆われ、3つの聖堂のなかで最も大きい建物である。人類の歴史上、重要な時代を例証するものとして世界遺産に登録された。◇英名はBoyana Church

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

ボヤナ教会の関連キーワード最後の晩餐聖告

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android