コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボヤナ教会 ボヤナキョウカイ

3件 の用語解説(ボヤナ教会の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ボヤナ‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【ボヤナ教会】

Boyanska tsarkvaБоянска църква》ブルガリアの首都ソフィアの南西約8キロメートル、ビトシャ山麓にあるブルガリア正教会の教会。11世紀頃の創建とされ、以降、13世紀と19世紀に増築された三つの聖堂からなる。中央部の聖パンテレイモン聖堂に残るフレスコ画東ヨーロッパにおける中世キリスト教美術の傑作として知られ、1979年に世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ボヤナ教会【ボヤナきょうかい】

ブルガリアの首都ソフィアの南,ビトシャ山麓の村ボヤナにある小さな教会。10−11世紀,13世紀,19世紀にそれぞれ建てられた3つの建物からなる。1259年創建の中央の教会堂は,壁面から天井にまで描かれた90点近いフレスコ画で知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界遺産詳解の解説

ボヤナきょうかい【ボヤナ教会】

1979年に登録されたブルガリアの世界遺産(文化遺産)で、首都ソフィア近郊に位置する。ブルガリア正教会の教会堂で、11世紀、13世紀、19世紀に建造された3つの聖堂からなる。1259年に建造され、中央に位置する聖パンティレイモン聖堂は、フレスコ画の壁画で覆われ、3つの聖堂のなかで最も大きい建物である。人類の歴史上、重要な時代を例証するものとして世界遺産に登録された。◇英名はBoyana Church

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボヤナ教会の関連キーワードエルチェオフリドザイェチャルブルサナフレリョの塔マダラの騎士像メルビッシュリラの僧院ルスト世界遺産登録

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone