ボリス ヴォロンツォフ・ヴェリヤミノフ(英語表記)Boris Aleksandrovich Vorontsov Vel’iaminov

20世紀西洋人名事典の解説

ボリス ヴォロンツォフ・ヴェリヤミノフ
Boris Aleksandrovich Vorontsov Vel’iaminov


1904.2.14 -
ソ連の天文学者,天体物理学者。
モスクワ大学教授。
1930年にトランプラーとは別に星座塵が星の光を吸収することを示し、天体間の距離の測定ができるようになり、その結果宇宙の大きさが正確にわかるようになった。また、ガス状星雲の研究、新星の研究、星の進化、ヘルツシュプルング・ラッセル図の分析などをはじめ、’59年には350個の相互に影響しあっている銀河のリストを編集した。’62年にはブレディキン賞を受賞している。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android