コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボンテンカ Urena lobata L.var.sinuata (L.) Gagn.

2件 の用語解説(ボンテンカの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ボンテンカ【Urena lobata L.var.sinuata (L.) Gagn.】

アオイ科の株立ち状になる落葉低木。高さ1mあまりで,葉を互生する。葉は数cmの長い葉柄があり,葉身は円形から広卵形で掌状に深裂し,全体に星状毛を有しているが,裏面には密生している。夏に葉腋(ようえき)から短い花梗を出し,紅色をおびた花をつける。花は5弁で,径2cmあまり。果実は倒卵形で,長さ1cmたらず,全体に小さいとげ針があって動物や衣服にくっつく。全体大型で,葉の切れ込みが浅いものをオオバボンテンカU.lobata L.(英名Aramina fibre,Congo jute)とし,小さく,茎がそう生し,葉の切れ込みが深いものをボンテンカとして区別する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボンテンカ
ぼんてんか / 梵天花
[学]Urena procumbens L.

アオイ科の草本状の常緑小低木。高さ約1メートル。多く分枝し、細枝は星状毛で覆われる。葉は互生し、掌状で深く3~5裂して裂片は倒卵形、鋸歯(きょし)があり、基部はいくぶん狭くなる。秋、枝端の葉腋(ようえき)に径約3センチメートルの紅色花を開く。萼片(がくへん)、花弁はともに5枚。萼下の小包葉は5裂して花を包む。雄しべは多数、花糸は合着して筒状の単体をなし、1本の雌しべを取り巻く。果実は扁球(へんきゅう)形で径約1センチメートル、背面に鉤(かぎ)状の刺(とげ)が多数あり、5個の分果に分かれる。荒れ地に生え、九州南部、沖縄、および熱帯に広く分布する。名は、日本に珍しいものなので、梵天(ぼんてん)すなわちインドからきた花の意だろうといわれる。[古澤潔夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone