コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボール爆弾 ボールばくだんball bomb

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボール爆弾
ボールばくだん
ball bomb

アメリカ軍がベトナム戦争のために開発した CBU (canister bomb unit〈散弾型爆弾〉) の一種。多数の人間を一挙に殺傷することを目的とする無差別殺戮兵器で,長さ 2.1mの紡錘形の親爆弾が時限信管のセットに応じて空中で破裂すると,野球のボール状の子爆弾 300~600個が飛出し,さらに子爆弾の安全装置がはずれて爆発すると,その中に詰めてある孫爆弾の小鋼球 (直径 5.6mmでパチンコ玉より小さい) 280~300個が,秒速 510mの速さで飛散する。1発の親爆弾の散布界は,幅 300~350m,長さ 800~1000mの楕円形で,そこに9万~18万個の鋼球がばらまかれる。同種爆弾にパイナップル爆弾などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ボール爆弾【ボールばくだん】

米軍がベトナム戦争用に開発した散弾形の爆弾。合金製外被に約300個の小鋼球を埋め込んだ子爆弾を,約600個詰めた爆弾で,空中で破裂,子爆弾をまきちらす。子爆弾は着地により爆発して鋼球を飛散させる。
→関連項目爆弾

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ボールばくだん【ボール爆弾】

散弾爆弾の一。爆弾の中に多数の小爆弾が装備され、目標に当たるとこれが八方に飛び散り、さらに小ボール爆弾の小片で人員を殺傷するもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボール爆弾
ぼーるばくだん
ball bomb

親爆弾の中に小爆弾が多数入っている親子爆弾cluster bomb unit(CBU、破砕爆弾ともよばれる)の一種。ベトナム戦争の際に、アメリカ軍が対人および対車両兵器として広く使用した。ボール爆弾が地面に衝突すると、親爆弾に入っている600個の小爆弾が、長さ約1キロメートル、幅約300メートルの地域に飛び散り、さらに各小爆弾が爆発して、それぞれ約300個の鋼鉄の小球あるいは矢型の破片などが高速度で八方に飛び散る。鋼鉄片がトラックのタイヤ、燃料タンク、ラジエーターなどに穴をあけたり、人員を殺傷したりする。救助活動を妨害するために、爆発時間を遅らせる信管をつけた型も開発された。[服部 学]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のボール爆弾の言及

【爆弾】より

…このため1個の爆弾で広い面積を十分な散布密度で覆うことの可能なクラスター爆弾が開発された。たとえばベトナム戦争で使用され有名になったボール爆弾は,対人殺傷用の破片爆弾を集めたクラスター爆弾であり,空中で散布された子爆弾は着地後爆発し,ボール状の子弾を四方に飛散させるものであった。(c)焼夷爆弾 ガソリンなどの燃料を散布し,火災を起こさせることを主目的とする爆弾。…

※「ボール爆弾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ボール爆弾の関連キーワードクラスター爆弾小片

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android