コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポスト・モダン建築 ポスト・モダンけんちくpost modern architecture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポスト・モダン建築
ポスト・モダンけんちく
post modern architecture

1977年に評論家 C.ジェンクスがその著作『ポスト・モダニズムの建築言語』 The Language of Post-Modern Architectureの中で命名した,現代建築の傾向をさす言葉。 1960年以降,初期の近代建築が変質し,機能をそのまま建築に表現する機能主義から,多くの建築家が歴史的様式や文化的な記号を用いて多元的な表現をするようになった傾向をさす。 M.グレーブズポートランド市庁舎 (1982) や,P.ジョンソンATT本社ビル (84,J.バギーと共同,ニューヨーク) が代表とされる。機能主義からの逸脱,多元的な表現,記号論的な建築解釈という傾向は建築のみならず,他の造形,思想,文化の領域にも認められることから,ポスト・モダンあるいはポスト・モダニズム post modernismという概念は 1970年代,80年代の文化概念を示す言葉となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ポスト・モダン建築の関連キーワードジョンソン(Philip Johnson)メンヘングラートバハつくばセンタービルベンチューリコロミーナ長谷川逸子名護市庁舎黒川紀章ホライン国際様式ムーア磯崎新

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android