ポポカテペトル火山(読み)ポポカテペトルかざん(英語表記)Volcán Popocatépetl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポポカテペトル火山
ポポカテペトルかざん
Volcán Popocatépetl

メキシコ中部にある火山。メキシコ高原の南縁をなす火山帯に属する火山で,メキシコ市の南東約 70km,メキシコ,プエブラ両州の州境にある。標高 5452m。シトラルテペトル火山(5610m)に次ぐメキシコ第2の高峰で,山頂は万年雪におおわれる。山体は左右対称の円錐形で,山頂には大きな火口がある。山名はアステカ族の言語ナワトル語で「煙を吐く山」の意。約 15km北のイスタシワトル火山(5286m)と双子火山をなす。山麓には 16世紀初頭,キリスト教布教のために建てられた修道院が散在し,1994年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポポカテペトル火山
ぽぽかてぺとるかざん
Volcn Popocatpetl

メキシコ中部、首都メキシコ市の南東約60キロメートルにそびえる活火山。標高5452メートル。安山岩質の成層・円錐(えんすい)火山である。オリサバ火山(5675メートル)に次ぐ同国第二の高峰で、つねに雪を頂く。山名はナワトル語で「煙を吹く山」の意。有史時代に約30回の噴火が報告されている。2001年の噴火では、火砕流が山頂から8キロメートル流下した。多量の二酸化硫黄を放出し続けている。大半は山頂火口(径600~400メートル)での爆発で、同火口内には多くの噴気孔が現存する。[諏訪 彰・中田節也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android