コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポロ ポロ polo

翻訳|polo

8件 の用語解説(ポロの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポロ
ポロ
polo

小型のウマ (ポニー) に乗ってT字形のスティック (マレット) を操りながらボールゴールに入れ,得点を競う球技。前 500年頃にペルシアで行なわれていた記録が残っている。のちインドに伝わり,1859年イギリスに紹介された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ポロ(polo)

乗馬競技の一。4人編成の2チームで、馬上からT字形のスティックで木製のボールを相手側のゴールに入れ合って得点を競う。ポロー。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ポロ

馬に乗った各4人からなる2チームで行うホッケーに似た競技。ポロの名はチベット語pulu(ボールの意)に由来する。木または竹製のボール(直径約8.25cm)を先端がT字形になったスティック(マレット)で打ち合い,相手側ゴールに入れて得点を競う。
→関連項目ポロシャツ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

ポロ

ドイツのフォルクスワーゲンが1975年から製造、販売している乗用車。3ドア、5ドアの小型ハッチバックを中心とする。

ポロ

《Polo》アメリカファッションブランド、ラルフ・ローレンフレグランス。1980年発表。男性用。「ポロ・フォー・メン」とも。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ポロ【polo】

馬に乗った競技者がスティックで木製のボールを打ち合い,相手のゴールに入れて得点を争う競技。騎馬民族の競技,あるいは軍事教練として始まったもので,古代ペルシアで盛んに行われた。以後ペルシア(イラン)からアラビアチベット,中国などに広まり,13世紀にインドへ伝えられたという。日本の打毬(だきゆう)も同系統である。ポロの名前はチベット語のpulu(ボールの意)による。19世紀中ごろインド駐在のイギリスの騎兵隊がポロに興味を持ち,本国へ導入,1871年にイギリス最初の試合が行われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ポロ【polo】

馬に乗り、マレット(先が T 字型になっている杖)でボールを打って相手チームのゴールに入れる競技。一チーム四名で行う。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポロ
ぽろ
polo

4人ずつのプレーヤーがマレット(長柄の木槌(きづち))でボールを奪い合い、ゴールに打ち込む。起源は騎馬民族の競技として始まったもので、古代ペルシアで盛んに行われた、チャウガーンawgnで、awは木切れ=Caupa、gnはたたく物=gn(a)と推定される。ポロの語源は球を意味するチベット語puluに由来するとされる。
 競技は、プレーヤーは1から4までの背番号をつけ、1、2はFW(フォワード)、3、4はBK(バック)になる。競技方法は1回7分30秒で、8回行う。回(ピリオド)が終わるたびに3分の休憩があり、4回目が終了したハーフ・タイムには5分間休む。審判は騎乗者2人とサイドライン1人からなっている。
 競技場は長さ300ヤード(1ヤードは約91センチメートル)、幅160ヤード以内の長方形で、その周囲にはセーフティゾーンをつくる。11インチ(1インチは約2.54センチメートル)の高さの白い板柵(いたさく)で囲むのが規則だが、もし柵がない場合は、幅200ヤードまでがセーフティゾーンとして認められる。ゴールは高さ10フィート(1フィートは約30.48センチメートル)の柱を8ヤードの間隔で2本立てる。
 プレーヤーが騎乗する馬はポロポニーといわれる小馬で、数年間調教訓練された15から15.2ハンズ(1ハンズは手幅の長さ)の高さの馬と限定されている。マレットはシャフト部分が47~54インチ、ヘッドは紙巻きたばこを大きくしたようなもので直径2インチ、長さ9インチの木製の槌である。ボールは、ヤナギ、トネリコ、竹の根でつくられ、直径3.25インチ、重さ4.25~4.75オンス(1オンスは28.35グラム)となっている。勝負服は白のパンツ、チームカラーのジャージーを着用、皮またはゴム製の膝(ひざ)当てとヘルメットを着けることになっている。
 競技開始は、センターラインの両側に並んだ両チームの間に、ボールを投げ入れることから始まる。騎乗したままでマレットを使ってボールを打ち、相手ゴールに打ち込めば1点を与えられる。自陣のゴール防御の際、相手の人馬をつかんだり、マレットを使ってじゃますることは禁止されているが、ボールに対して相手の馬と同じサイドにいるか、直後の場合には、相手の打とうとするマレットを自分のマレットでひっかけることはできる。反則がなければゴールできたときにはペナルティーゴールが、また反則に応じてフリーヒットが与えられる。8回を終わって同点の場合は1点をとるまで延長する。現在は、インド、イギリス、アメリカなどを中心に、ヨーロッパ、アフリカなどでも行われている。[石井恒男]
『森美香著『ポロ その歴史と精神』(1997・朝日新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のポロの言及

【トリブート】より

…スペイン植民地下のフィリピンで施行された人頭税制度。スペイン政庁はトリブート,ポーロpolo(強制労働)の二つの制度を用いて,フィリピン住民から過酷な収奪を行った。トリブートは1家族または成年に達した2人を一組とする貢納単位(トリブタリオ)ごとに課せられ,その額は制定時の1571年には1年につき銀8レアル,17世紀以降はおおむね10レアルであったが,1851年に12レアル,74年に14レアルに増額され,84年に廃止された。…

【ウマ(馬)】より

… ところで軍事的・経済的価値とは別に,馬のスポーツ上の意義も小さくない。パキスタンやアフガニスタンの村々では,現在でも郷紳たちのスポーツとしてポロが行われ,カシミール地方では村ごとに競技場がある。古代ペルシアのダレイオス1世はポロを奨励したというが,馬上で羊の奪い合いをするブズキとともに,高度の馬の統御を要する点で,その極致を示すものといえる。…

【唐】より

…西安の唐墓から楽器を携えた胡人たちを背に乗せたラクダの唐三彩俑が出土したりして,当時の雰囲気を今に伝えてくれる。ペルシア渡来の勇壮なポロ競技,すなわち馬上ホッケーが貴族や後宮の美女たちのあいだに流行し,若き日の玄宗もそれに夢中になったという。従来もポロに興じる女性を模した陶塑が出土していたし,近年,乾陵(けんりよう)の陪冢(ばいちよう)の一つである章懐太子(李賢)墓から,ポロ競技を活写した美事な壁画が現れたのも偶然ではなかったのである。…

※「ポロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ポロの関連キーワードデッキゴルフスティックラスティッククリックスティックケスティックラウンドスティックゲートボールスティックバックスティックエリミネーションポロ競技 (polo)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ポロの関連情報