コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポンド危機 ポンドきき Pound Crisis

1件 の用語解説(ポンド危機の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポンド危機
ポンドきき
Pound Crisis

第2次世界大戦後,イギリスが周期的に繰返す経済不況と通貨ポンドの下落の総称。イギリスは第2次世界大戦で戦勝国となったものの戦費の調達のため戦前保有していた巨額の海外資産を失い,また戦災で国内資産も膨大な損失を受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のポンド危機の言及

【BIS】より

…さらに国際金融の実務のみならず,先進国中央銀行間の政策協調の場として,国際金融の安定化に寄与している。その代表的な例は1960年代から70年代にかけての再三にわたるイギリスのポンド危機に際しての支援措置である。これはバーゼル協定Basel agreementと呼ばれ,主要国中央銀行とBISがイングランド銀行に対してスワップ取決めにより資金供与を行うものである。…

【ポンド】より

…第1に,戦前は対アメリカ貿易で出超傾向を維持していたスターリング地域が逆に入超を続けることになったため,イギリス本国がみずからの金・ドル準備でこれを補塡(ほてん)せざるをえなくなった。第2に,ポンドの信認低下を象徴するかのように,1946年7月15日(それは〈イギリス・アメリカ金融協定〉の発効日であった)ポンドのドルへの大量逃避が発生し,ついに8月20日ポンドの交換性が停止され,ポンドの落を世界的に印象づけることになった(ポンド危機)。ポンドの将来に対するこうした悪材料は当然ポンド切下げ期待を強める。…

※「ポンド危機」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ポンド危機の関連キーワード第2次世界大戦連合軍世界大戦福祉社会BIS(Bank for International Settlements)ワイアー・フォックス・テリアリデル・ハート《世界大戦の起源に関するイギリス外交文書》《第2次世界大戦》ロンドン協定(第2次世界大戦)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ポンド危機の関連情報