コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポーラーベア ポーラーベア polar bear

翻訳|polar bear

2件 の用語解説(ポーラーベアの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ポーラー‐ベア(polar bear)

シロクマ。ホッキョクグマ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポーラーベア
ぽーらーべあ
POLARBEAR

宇宙マイクロ波背景放射(CMB)の光の振動の向き(偏光)の観測結果のみに基づいて、重力レンズ効果による偏光パターンを測定することを目的とする実験プロジェクト。これにより、初期宇宙の誕生のようすや現在の宇宙の大規模構造の解明が期待されている。実験グループ大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構(KEK)、東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構(Kavli IPMU)、カリフォルニア大学バークリー校、同サン・ディエゴ校などの研究者で構成される。インフレーション仮説(宇宙がビッグ・バン以前に急激な加速膨張=インフレーションをおこしたとする説)によると、インフレーションの際に時空が振動することで生じた波である「原始重力波」により、大きな渦の偏光Bモードができたと予想される。これをとらえるために、大角度スケール観測が実施されているが、まだ結論は出ていない。ポーラーベア実験プロジェクトでは、この偏光Bモードに重力レンズを通り抜けた効果が重なった小さな渦をみつける小角度スケール観測を行った。2012年からチリのアタカマ高地に建設された直径3.5メートルの主鏡からなる望遠鏡を用いて、宇宙マイクロ波背景放射の偏光を精密に測定して、99.999%以上の確率で、偏光Bモードの存在をみつけた。より詳細な観測から、宇宙全体に存在するニュートリノの質量の総和を測定できる可能性もある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポーラーベアの関連キーワードシロクマ北曲白熊北極熊北極点旭山動物園磁北極北極亜区クマの冬眠ホッキョクグマ(北極熊)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ポーラーベアの関連情報