コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイグレーション マイグレーション migration

翻訳|migration

4件 の用語解説(マイグレーションの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

マイグレーション(migration)

移住。移動。
ハードウエアやオペレーティングシステムなどが異なる情報システム間で、データやプログラムを移行すること。→レガシーマイグレーション

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

マイグレーション【migration】

移住。移転。移動。
現在使用しているシステムやソフトウエアから別のものに移行すること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マイグレーション
まいぐれーしょん
migration

本来は移動や移住などを意味することばであるが、情報システム関連ではシステムプログラムデータなどの移行作業をさす。
 具体的には、企業システムの再構築に伴う基幹システムの新しいプラットフォームへの交換、データベースのバージョンアップなどによるデータ移行作業、サーバー置き換えによる各種データの移管、UNIX(ユニックス)向けに開発されたプログラムのWindows(ウィンドウズ)プログラムへの書き換えなど異なるOS(オペレーティングシステム)間での移植、オフコンからパソコンへのシステム移行など、異なる環境や機種間の移行に伴うさまざまな作業を含む。そのなかで、メインフレーム(大型の汎用コンピュータ)からオープンシステム(仕様が公開されているため自由な組合せができるシステム)へのシステムの移行はとくにレガシーlegacyマイグレーションとよばれている。富士通、NEC、日本IBM、日本ユニシスなど多くのIT関連企業が、マイグレーションのためのツールやサービスを提供している。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典の解説

マイグレーション

デジタル情報の長期的な保存戦略の一つで,あるハードウェアソフトウェア構成からより新しい構成へ,またあるコンピュータ技術から次世代技術へと,情報のフォーマットメディアを逐次変換していくこと.メディアの寿命が長くても,メディアやデータフォーマットの規格が更新されると,記録された情報が利用できなくなるため,技術変化に対応して情報の完全性を保持することが目的である.ただし,完全なレプリカを作ることは意図していないので,新世代技術との互換性を確保する中で,元の情報の表示や検索の能力が欠落することもある.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マイグレーションの関連情報