コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイドゥグリ Maiduguri

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マイドゥグリ
Maiduguri

別称イエルワマイドゥグリ Yerwamaiduguri。ナイジェリア北東部の都市。チャド湖の南西約 115km,アロ川沿岸に位置。 1907年,古くからチャド湖沿岸で栄えていたカネム=ボルヌ王国の首都がイエルワに遷都。それに隣接する村となり,翌年イギリス軍の基地となってから急速に発展,次第に隣接するイエルワをも包含するようになった。 64年ギニア湾と結ぶ鉄道が通じ,交易中心地としてさらに発展,チャド,カメルーンなどとの貿易においても重要な位置を占め,畜産物,皮革製品,ラッカセイアラビアゴムなどを輸出,商業都市として繁栄している。王宮,モスクなどがある。人口 28万 1900 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マイドゥグリ
まいどぅぐり
Maidugri

西アフリカ、ナイジェリア北東部、ボルヌ州の州都。人口31万2100(1995)。1907年、ボルヌ王国の首都をクカワから、いまはマイドゥグリの一部であるイェルワに移して以後発展した。カメルーン北部、チャドとの結び付きが強く、チャド湖周辺部のラッカセイ、綿花、家畜などの集積地となった。1964年に鉄道が開通し、現在は国内空港もある。80年には大学が新設された。[島田周平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マイドゥグリの関連キーワードボコ・ハラムバウチ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マイドゥグリの関連情報