コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイドゥグリ マイドゥグリ Maiduguri

3件 の用語解説(マイドゥグリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マイドゥグリ
マイドゥグリ
Maiduguri

別称イエルワマイドゥグリ Yerwamaiduguri。ナイジェリア北東部の都市。チャド湖の南西約 115km,アロ川沿岸に位置。 1907年,古くからチャド湖沿岸で栄えていたカネム=ボルヌ王国の首都がイエルワに遷都。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

マイドゥグリ(Maidugri)

ナイジェリア北東部の都市。ボルノ州の州都。20世紀初頭、ボルヌ王国の首都が置かれ、同地方の中心地として発展。ポートハーコートラゴスと鉄道で結ばれるイスラム教徒カヌリ族が多く居住する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マイドゥグリ
まいどぅぐり
Maidugri

西アフリカ、ナイジェリア北東部、ボルヌ州の州都。人口31万2100(1995)。1907年、ボルヌ王国の首都をクカワから、いまはマイドゥグリの一部であるイェルワに移して以後発展した。カメルーン北部、チャドとの結び付きが強く、チャド湖周辺部のラッカセイ、綿花、家畜などの集積地となった。1964年に鉄道が開通し、現在は国内空港もある。80年には大学が新設された。[島田周平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マイドゥグリの関連キーワードバウチワガドゥーグーエムデン・マイエルホーフ経路クドゥグケドゥグコイドゥブドゥグルガムラン・ドゥグンバドゥグール文化ムンドゥグモール族

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マイドゥグリの関連情報