コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイナウ島 マイナウトウ

2件 の用語解説(マイナウ島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

マイナウ‐とう〔‐タウ〕【マイナウ島】

Insel Mainau》ドイツ南西部、スイス・オーストリアとの国境をなすボーデン湖の島。バーデンビュルテンベルク州の観光都市コンスタンツの北約5キロメートルに位置する。熱帯植物が植えられた豪華な庭園や公園がある。スウェーデン王族、ベルナドッテ伯爵の財団が所有する。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

マイナウとう【マイナウ島】

ドイツ南部、ドイツ・オーストリアスイスの国境にまたがる、アルプス地方で2番目に大きなボーデン湖(Bodensee)に浮かぶ小島。南ドイツの温暖な気候により、春から秋にかけて、色とりどりの花が咲き乱れる「花の島」になっている。熱帯植物も花を咲かせている。この小島にはマイナウ城と庭園があり、庭園では野外コンサートも開かれる。子供の遊具や結婚式を挙げることができる教会もある。城の一部も開放され、島の歴史や全体像がわかる展示室となっている。ただし、宿泊施設はない。この島は、城に住むレナート・ベルナドッテ伯爵が所有している。マイナウ島へは、スイス国境の湖畔の町コンスタンツ(Konstanz)かメーアスブルク(Meersburg)からフェリーが運航している(所要時間10~20分)。また、コンスタンツからタクシーも利用できる。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マイナウ島の関連情報