マイナンバーカード(読み)まいなんばーかーど

知恵蔵miniの解説

各個人のマイナンバー姓名などの情報が記されたICカードのこと。日本において住民票を有する全員に1人一つの番号を付す社会保障番号制度(マンナンバー制度)の施行に伴い、2016年1月以降に交付を受けることができる。15歳未満及び成年被後見人法定代理人が申請し取得する。カード取得は義務ではないが、政府は取得を推奨している。15年9月現在、カードにはICチップがつき氏名住所生年月日性別顔写真・マイナンバー(個人番号)が記載される予定となっている。身分証明書として幅広く使用でき、自治体が条例で定める図書館カードや印鑑登録証などにも利用できる。

(2015-9-11)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

住所、氏名、生年月日、性別、全住民に割り振られた12桁のマイナンバー(個人番号)などの記載があり、顔写真付きカードは身分証明書になる。カードのICチップに搭載された電子証明書の利用手続きをすれば、税の電子申告をしたり一部コンビニで住民票の写しを取得したりできる。

(2020-02-03 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マイナンバーカードの関連情報