コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マカオ特別行政区 マカオMacau

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マカオ〔特別行政区〕
マカオ
Macau

中国南東部,コワントン(広東)省チューハイ(珠海)市に接する特別行政区。中国語ではアオメン(澳門)。オウメンともいう。別綴 Macao。チュー(珠)江の河口右岸にある小半島の先端と,付近の 2島からなる。16世紀にポルトガル人が中国から居住を認められ,1887年葡清友好通商条約で割譲された。17世紀までポルトガルのアジア貿易の根拠地として栄えた。1979年中国とポルトガルとの間に国交が開かれ,1987年マカオを中国に返還する共同宣言に調印。1999年12月20日に返還され,ホンコン特別行政区と同様の特別行政区となった。返還後 50年間は資本主義体制と高度な自治が維持されることになっている。1960年代からはホンコンの資本によって,紡績,造船,船舶修理,爆竹,マッチなどの工業が盛んであるが,観光と賭博からの収入に大きく頼っている。カジノやドッグ・レース(賽狗)場のほか,4車線の大橋で半島と結ばれるコロワン島には競馬場もある。観光名所としては,かつての繁栄を偲ばせる大聖堂や砦の跡,日本人クリスチャンの建てたサン・パウロ聖堂の跡,媽閣廟などがある。ホンコンから水中翼船で 2時間の距離にあり,また孫文の生地である中国のチョンシャン(中山)県ツォイシヤン(翠亨)村などを加えた観光コースも開かれている。住民はほとんどが広東人。中国とポルトガルの建築様式が残る町並みは,2005年マカオ歴史地区として世界遺産文化遺産に登録された。面積 30.6km2。人口 56万1000(2011推計)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

マカオ特別行政区

面積約30平方キロ、人口は約63万人。ポルトガルの植民地だったが、1999年に中国に返還された。その後も、香港と同様に「一国二制度」が適用され、独自の社会・経済制度が許されている。通貨単位はパタカ。マカオ政府は2001年にカジノの対外開放を決定。04年に外資が営業を始め、06年にはカジノ総収入が米ラスベガスを抜いて世界一になった。

(2016-02-09 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マカオ特別行政区の関連情報