爆竹(読み)バクチク

  • 爆竹 bào zhú

デジタル大辞泉の解説

竹または紙の筒に火薬を詰めたものを並べてつなぎ、次々に爆発させる音響花火。古くから中国で行われているもので、慶事・祝日に用いる。
左義長(さぎちょう)にたく火。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

中国において,爆とは本来,文字通り青竹を火の中に入れて爆(や)くことをいう。妖怪や悪のたぐいは,その激しい破裂音に驚いて退散するとされた。古く梁の宗懍(そうりん)《荆楚歳時記正月に見え,六朝後期にはすでに除夜から新年にかけての厄ばらいの一つになっていた。この習俗は,以後長く続き,唐詩の中では〈爆竿(ばくかん)〉ともいう。北宋以後,硫黄をまじえた火薬を用い,〈爆仗(ばくじよう)〉と呼ばれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

竹や紙筒に火薬を詰め、火をつけて鳴らすもの。もと中国で、除夜から新年にかけて、青竹を焼いて音をたて鬼を追い払ったことに始まる。現在は正月のほか、祭日・祝日などにも用いて景気を添える。
左義長さぎちようでたく火。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

音響花火の一種。古代中国で、火にあぶった青竹の破裂音で悪鬼を退散させた風習に始まり、のち火薬を短い竹に詰めるようになり、宋(そう)代には紙筒も用いられるようになった。大形で爆発音の大きい炮(パオ)と、小形のものを数個ないし十数個導火線でつないで、一端に点火し連続して爆音を発する鞭(ピエン)とがある。もとは元日に用いたが、のち、広く慶事・祝祭日に用いられ、中国、台湾ほか東南アジアにみられる。[佐藤農人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 小さい竹筒や紙筒に火薬をつめ、それをたくさんつないだもの。火をつけると順々に爆発して激しい音をたてる。昔、中国で、元旦に青竹を火にあぶってその破裂音で、山中に住むという悪鬼を追い払った行事が初め。広く、祝日にも祝意を表わし、景気をつけるために行なう。日本では、正月一五日に焚(た)く左義長の火と混同されて用いられることが多い。《季・新年》
※宝覚真空禅師録(1346)乾・節辰「鐘色纔動鼓声催、寒谷春随爆竹回」 〔荊楚歳時記〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の爆竹の言及

【癇癪玉】より

…戦後はプラスチック製ロケット型の容器に入れたもの,プラスチック板に紙玉をはったもの,紙玉をテープ式に細長く巻いた〈巻き玉〉などがある。ほかに〈クラッカー〉という三角錐形のものがあり,これは筒の先端の紐を引くと爆音を発する一種の爆竹である。【斎藤 良輔】。…

【クラッカー】より

…軽い食事やカナッペに用いる。なお,紙筒に糸をつけ,それをひくと大きな音をたてる爆竹の一種もこの名で呼ばれ,パーティなどでさかんに用いられる(癇癪玉(かんしやくだま))。ビスケット【西村 潔】。…

※「爆竹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

爆竹の関連情報