コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マガキガイ Strombus luhuanus; strawberry conch

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マガキガイ
Strombus luhuanus; strawberry conch

軟体動物門腹足綱ソデボラ科。殻高 6cm,殻径 4cmに達する。殻は倒円錐状で螺塔は低く,体層は大きく,下方へいくに従い狭くなる。殻表は平滑で,黄色地に黒褐色の縦斑がある。和名はこれを生垣に見立てて名づけたことによる。殻口は,外唇が厚く,内側は橙赤色,内唇は黒色。貝殻は見かけ上イモガイ類の殻に似るが,殻口外唇下端近くに弱い湾入 (ストロンボイド・ノッチ) をもつことで区別できる。生時には,この湾入から右眼がのぞく。ふたは褐色,爪状で,外側が鋸歯状になっており,これをてこにして,ごとりごとりと動く。産卵期は6月頃で,表面に砂粒を付着させた細長い紐状の卵を産む。また,産卵期には多くの個体が集合する性質がある。房総半島以南,太平洋,インド洋に広く分布し,潮間帯から水深 20mの岩礫底にすむ。食用。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マガキガイ
まがきがい / 籬貝
strawberry conch
[学]Conomurex luhuanus

軟体動物門腹足綱スイショウガイ科の巻き貝。房総半島以南、西太平洋およびインド洋に広く分布し、潮間帯下から水深20メートルの岩礫(がんれき)底にきわめて多い。殻長60ミリ、殻径40ミリに達し、殻は厚質堅固。倒円錐(えんすい)形で、螺塔(らとう)は低く、一見イモガイ形をしている。殻表は平滑で、黄色の地に黒褐色の不規則な山形の斑(はん)があり、これを生け垣(籬(まがき))に見立てて名づけられた。殻口は外唇が厚く、その上端と下端に湾入があり、内面は橙紅(とうこう)色で内唇は黒色。蓋(ふた)は褐色をしたつめ状で、外側は鋸歯(きょし)状に刻まれる。蓋をてこにして、跳ねるように運動する。軟体の頭部には触角の基部に柄のある目がある。肉は食用、殻は貝細工の材料にされる。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マガキガイの関連キーワードマガキガイ(籬貝)ソデガイ袖貝

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マガキガイの関連情報