コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マキャベリズム Machiavellism

デジタル大辞泉の解説

マキャベリズム(Machiavellism)

《「マキアベリズム」「マキャベリアニズム」とも》
マキャベリが「君主論」の中で述べた政治思想。15~16世紀のイタリアを背景に、君主の現実主義的な統治を主張し、政治目的のためにはいかなる反道徳的な手段も許されると説いた。
目的のためには権勢ずくで手段を選ばないやり方。権謀術数主義

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

マキャベリズム【Machiavellism】

どんな手段でも、また、たとえ非道徳的行為であっても、結果として国家の利益を増進させるなら許されるとする考え方。イタリアの政治思想家マキャベリの思想から。
目的のためには手段を選ばないやり方。権謀術数主義。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マキャベリズム

マキアベリズム」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マキャベリズム
まきゃべりずむ
Machiavellism

政治において目的を達成するためには手段を選ばぬ権謀術数をさす。一般にこうした権謀術数は古今東西にわたってみられるものであるが、それがマキャベリズムとよばれるようになったのは、マキャベッリの作品、とくに『君主論』がきわめて大胆にこうした所説を認めているとみなされたからである。マキャベッリは、君主が善良で敬虔(けいけん)、慈悲深い人間であることは称賛すべきであるとしつつも、人間の現実をみるならば、もしこの理想のままにふるまうならば、そうした君主はかならずや没落するだろうと論じた。プロイセンのフリードリヒ大王は『反マキャベッリ論』(1740)を書きその反人道性を批判したが、大王自身は実際にはマキャベリズムを駆使したといわれる。マキャベリズムの問題はけっしてマキャベッリ一個人の思想に限定されるものではなく、人間にとって重大な倫理的問題を突きつけている。したがって問題をごまかすことなく直視することがたいせつである。[佐々木毅]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マキャベリズムの関連キーワードルイ(11世)マキャベリスト佐々木毅政治学史

マキャベリズムの関連情報