コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マキリタレ Makiritare

世界大百科事典 第2版の解説

マキリタレ【Makiritare】

南アメリカの北緯3゜~6゜,西経63゜~66゜の,おもにベネズエラに住むインディオ。人口約1500。言語はこの地域に広く見られるカリブ語系に属する。自称はイェクアナで,マキリタレの名はアラワク語系の言葉で〈水の人々〉を意味し,水路を利用しての近隣部族との交易は有名である。白人との接触は18世紀中葉にさかのぼる。生業は男性の狩猟と女性の焼畑農耕が主で,漁労は二次的である。狩猟は彼らの特産品である吹矢を用いることが多く,バク,鹿などの大型動物のときには弓矢も用いる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android